いつか、会社を辞めて、自由に生きるために
まず、月10万をネットで稼ぐ「現実的な方法」を紹介します

 

「毎日、会社に行くのがツライ」
「でもお金のため、嫌だけど、続けなきゃ・・・」

そう思っていませんか?

 

それが社会人。それが常識。

そう思っている方、自分の人生なのに、窮屈じゃないですか?

 

世の中、いろんな人がいて、いろんな仕事があります。

毎日、会社の業務時間に縛られ、オフィスという狭い空間で、ヘトヘトになりながら、働く人。
おしゃれなカフェでコーヒーを飲みながら、時間や場所に縛られず、仕事をしている人。
自分の好きなことをやって、動画やSNSで、人気者になりながら、大儲けしている人。

本当に、いろんな生き方があるんです。

 

もしあなたが今、仕事が充実していて、人間関係も良好で、収入も、社会的地位もあって、自分は今の生活に満足しているんだという方は、ここから先を読む必要はありません。

 

しかし、もしあなたが、会社で働くことが辛くて、毎日に疲れていて、それを少しでも変えたいと思っているのであれば、

「好きな生き方を選べるように」

人生を変えるための、現実的な方法を、お伝えします。

 

 

 

 

ボクも、最初はヘトヘトに働く、会社員でした

 

狐火兎
まずは、少し、僕のこれまでの話をさせてください。

 

社畜エンジニアとして、残業の日々
疲れ果てた末に、気づいたことがありました

 

現在、僕はネットビジネスを生業とし、在宅で自分の好きな時間に仕事をする、気ままな日々を過ごしています。

しかし、2年前までは普通にサラリーマンをしていました。
むしろ「社畜」と呼んでもいいレベルの、残業・徹夜上等の、すさんだ毎日でした。

そもそも大学在学中、特にやりたいこともなく、周りに流されるように「就活」をしたクチです。そんなでも、運よく内定をもらい、新卒入社したのが、SIer(システムインテグレーター)と呼ばれるIT業界でした。

もともと、エンジニアになりたい!なんて志望があったわけではなく(文系学部でしたし)、なんとなく、内定をもらった会社の中で、一番良さそうと思って決めた会社。

初年度こそ、いろんな人との出会いもあり、目新しいことばかりで、楽しい毎日でした。

しかし、2年目から、その状況は一変しました。

 

「24365」「人身売買」

 

この2つは、IT業界でよく使われる用語です。

「24365」とは、「24時間365日」のこと。もともとは、24時間365日、止まることが許されない各種システムに対して、使う用語です。しかし、今では、そんなシステムたちのために、エンジニアは「24時間365日」、常にトラブルに備えておかなければならない、という意味で使われます。

実際、ちょっとでもトラブル・障害が起これば、夜中でも叩き起こされ、会社に駆けつけなくてはいけません。
そのため、会社スマフォは、常に肌身離さず。深夜・休日、関係なく、対応が必要なので、常に仕事のことで、気が休まりませんでした。

一方、「人身売買」とは、プロジェクトのメンバーに選ばれるときを、揶揄したもの。特に、過酷なプロジェクトやデスマーチ(死の行進)と呼ばれるような激務に決まった際に、「人身売買」された・・・・なんて使います。

こんな言葉が、当たり前に使われる業界だったこともあり、終電を逃すとか、3日間徹夜とか、急な遠方出張など、仕事漬けの毎日。それでも当時は「よくある事」「仕事ってそんなもん」なんて、思っていました。

 

半年で、体重5kg減
病気を繰り返し、それでも「会社員」にしがみついていた

 

そんな激務をこなすうち、気が付けば、体重はガタ落ち。しかも、定期的に病気になるように。
健康診断でも、常に「要再検査」。特に、あの皇太子妃雅子様も罹った、帯状疱疹を発症した時は、本当に大変でした。。

時間も、健康も、精神的余裕も失いながら、それでも僕は辞めようとは思いませんでした。

「しんどいけど、お金がないと生きていけないし」
「転職したって、どの仕事もきっと大変だ、仕事ってそういうものだ」

そんな固定観念に縛られていたのです。

 

人生が変わった、キッカケ

 

こんな生き方でいいの?
自分の中の常識が、変わった瞬間

 

心身ともに疲れ果てた、ある日、プロジェクトメンバーで飲み会がありました。
そこで、僕は、愕然として、目が覚めます。

それは、僕より20年も先輩のエンジニアさんの、何気ない言葉。

「仕事は嫌だよ?でもさ、どうしようもないじゃん?こうやって飲んで愚痴って、仕事しての繰り返し。それが会社員ってもんだよ。」

この言葉を聞いた時、僕は咄嗟に、20年後、こんな大人になりたくないって、思っちゃったんです。

愚痴るために、稼いだお金で飲みに行って、嫌な仕事で1日を無駄にして、それを「どうしようもない」って諦める。
そんな姿に、どうしても未来を感じなかった。

こんな生き方をしたくない。
そう思った瞬間が、僕のターニングポイントでした。

 

お金を理由に、自分の人生を諦めたくない
そんな思いから、ネットビジネスを開始

 

しかし、すぐに仕事を辞めるわけにはいきません。
お金がなければ、生きていけないし、新卒入社・正社員の肩書きを捨てる勇気は、まだありませんでした。

それでも、出来ることが無いかと調べまわって、見つけたのが「ネットビジネス」でした。

 

「自分の好きなことをして、月収300万」
「何もしなくても、月30万、勝手に稼いでくれる」

「いやいや、お金を稼ぐって、そんな簡単じゃないから!!」

最初は、そう思っていました。

しかし、もっと調べてみると、ネットビジネスの大きなメリットが見えてきました。

 

  1.  初期投資が少ない
  2.  何の資格もない、素人でも、ちゃんと稼げる
  3.  自分が働かなくても、勝手に稼いでくれる(ストックビジネス)
  4.  収入源の分散により、リスクヘッジも可能

 

つまり、誰でも簡単に始められ、しっかり稼げるということ。
しかも、失敗したって、大きな損失が出るわけでもなく。

「やらない理由はない」
そう判断し、早速、準備に取りかかりました。

 

でも、いざ調べてみると・・・

 

「ネットビジネス」って、実態が見えなくて、うさんくさい
だから、独学で、一生懸命、勉強しました

 

調べれば調べるほど、ネットビジネスは、とにかく「うさんくさい」ものが多い。

「メルマガ会員になれば、無料で稼げるノウハウを教えます」
「今だけ非公開情報を、無料で提供中!こちらの講座にご登録を!」
「今なら、5万円相当のプレゼント付き!購読ボタンをクリック!」

こういうやつ、本当に、うさんくさい!!!!

 

中には、有益なものもあるかもしれませんが、当時は、まったくのド素人だったので、どうせ金儲けのカモにされるんでしょ?という、怖さの方が強かったです。

IT業界に居たもんで、こういう情報ビジネスのリスクには、すごく敏感。フリーアドレスだとしても不用意に、個人情報を流したくもないし。。(きっと有料の勧誘メールとか、来たりするだろうし・・)

そこで僕は、独学で調べ、地道に経験を積んでいく道を、選びました。

 

紆余曲折を経て、自分なりの方法を確立
やっと自由を手に入れました

 

もちろん、簡単なことではなく、いろんなサイトや本を読み漁り、実践しては、成果の出ない日々が続きました。しかし、誰かの言うことを、そのまま鵜呑みにして、自分で稼ぐことができない人間になりたくなかったし、何より、ひとつひとつの失敗から、「ああ、こうすれば成功するのか」といった感覚が掴めるようになっていきました。

そして、自分なりのネットビジネス法を確立して、現在の生き方を、手に入れました。

 

今は、業務時間に縛られることもなく、朝の満員電車に押しつぶされることもなく、自宅で、好きな紅茶を飲みながら、ポチポチ、ネット作業をして、のんびり暮らしています。

社畜エンジニアだった頃が、本当に嘘のようです。

 

みなさんに伝えたいこと

 

ここまで読んでくださった方に、改めて知って頂きたいのは、

とにかく、いろんな生き方があって、自分の好きな生き方が選べる時代なんだ、ということ。
そして、それをお金を理由に、諦めてほしくない。

 

自分の今の生き方に、少しでも辛さや窮屈さを感じるのであれば、それは、変わるきっかけです。
そのための方法を、僕がお伝えします。

もちろん、僕自身「うさんくさい」ことが嫌いなので、ハッキリと申します。

最初は、ちょっと大変です。でも、
正しいやり方で、正しく努力すれば、必ず結果につながります。

 

まずは、月10万稼げるようになるまで、頑張ってみましょう。
そうすれば、もっともっと、伸びていけます。

僕が、当ブログで紹介するのも、まず、「月10万をネットで稼ぐ方法」です。

そして、そのために、メルマガ登録や講座の受講なんて、必要ありません。
このサイトの記事を、じっくり読んで、実践してもらうだけです。

そうして、以前の僕のような方が、少しでも違う生き方ができるなら、本当に嬉しいです。

 

 

人生は、いつだって、自分の行動ひとつで、変えられます
僕自身、そうだったので、断言できます

「好きな生き方を選べるように」

まずは、月収10万を目指して、一歩、踏み出してみませんか?