ネットで月10万を稼ぐ、7つの副業

ネットで月10万を稼ぐためには、どの副業を始めるかを決めることが、最初のハードルです。このチョイスを間違うと、本当にムダな時間を過ごしてしまいます。

「ネット副業」には、小銭稼ぎやポイント・クーポン獲得なども含めると、本当にたくさんの種類があり、どれから始めていいかわからなくなると思います。

そこで、長期・定量的かつ現実的に、取り組める7つの副業を紹介します。

 

事前にコチラもチェック
好きな生き方を選べるように
「ネットで月収10万を稼ぐメソッド」まとめ

 

イチから稼げる、副収入 7選

1.不動産収入

不動産を持ち、それを貸して、賃貸収入を得ることです。

最近は、「自己資金ゼロ」「低予算から始める」といった資産もあり、お金がなくても、始めやすくなっています。魅力は、「働かずとも、権利がお金を稼いでくれるところ」。賃貸契約が続く限り、永続的な定期収入が見込めます。

しかし、借り手が見つからないと、維持費でマイナスに。メンテナンス費や、資産価値の低下もあるので、結構リスクは高めです。

 

2.金融投資

投資信託・株・FXなどの、金融商品から、利回りを得ることです。

こちらも、「NISA(少額投資非課税制度)」や「1万円から始めるFX」など、お金がなくても、始めやすくなっています。魅力は、不動産と同様、「働かずとも、収入を得られるところ」。「毎月分配型」にすれば、定期収入を得ることも可能です。

しかし、きちんと金融の専門知識がないと、イチからの素人には難しいです。よほど勉強しても、ギャンブル要素が強く、かなりリスクは高いです。

 

3.ブログ収入

自分のブログに広告を載せ、その広告のクリック数から、対価を得ることです。

さまざまなブログツールが提供されており、元手無しで、すぐに始められます。魅力は、「働かずとも、コンテンツが稼いでくれるところ」。自分の好きなこと・得意なことを活かして、定期収入を得られます。

しかし、充実したコンテンツやPV数を稼ぎ続けなければ、収入になりません。ノウハウ習得や時間はかかるものの、ほぼリスクはありません

 

4.アフィリエイト

商品を紹介し、その商品が売れることで、紹介料を得ることです。

SNSやブログツールを使って、元手無しで、すぐに始められます。魅力は、ブログ収入同様、「働かずとも、コンテンツが稼いでくれるところ」。自分の好きなこと・得意なことを活かして、定期収入を得られます。

しかし、商品の購入に繋がらないと、収入になりません。ノウハウ習得や時間はかかるものの、こちらも、ほぼリスクはありません

 

5.動画収入

広告つき動画を配信し、その再生数から、対価を得ることです。

「Youtuber」が有名で、好きなことで生きていく、夢のある職業でもあります。魅力は、やはり「働かずとも、コンテンツが稼いでくれるところ」。自分の好きなこと・得意なことを活かして、定期収入を得られます。

しかし、充実したコンテンツやファンを獲得し続けなければ、収入になりません。ノウハウ習得や時間はかかるものの、こちらも、ほぼリスクはありません

 

6.せどり

低価格で手に入れた商品に、利益を乗せて、販売することです。

魅力は、「働かずとも、収入を得られるところ」。うまく商品を選定できれば、定期収入を得られます。

しかし、最近は参入者が多く、利益が出にくくなっています。商品確保・販売に時間がかかるほか、在庫持ちになるため、ややリスクは高めです。

 

7.創作品の販売

自分のオリジナル商品・本などに、好きな価格をつけて、販売することです。

魅力は、「働かずとも、収入を得られるところ」。自分の好きなこと・得意なことを活かして、収入を得られます。

最近は販売サイトが充実し、利益を出しやすくなっています。作成の手間ひまや、販売促進の難しさはあるものの、ほぼリスクはありません

 

まとめ

リスク リターン 期間 大変さ <総評>
不動産収入 ×高 〇高 ×短 △低~高 ×
金融投資 ×高 〇高 △短~長 △低~高
ブログ収入 〇低 △低~高 〇長 〇低~中
アフィリエイト 〇低 △低~高 〇長 〇低~中
動画収入 〇低 △低~高 〇長 △中~高
せどり △中 ×低~中 △短~長 ×高 ×
創作品販売 〇低 △低~高 △短~長 △中~高

 

一番オススメ : 「ブログ収入」「アフィリエイト

低リスク」「長期間稼げる」「あまり労力が要らない」点が、魅力です。また、はじめ頑張れば、あとは放置しても「しっかりと収入が得られる」ことが、最大のメリットですね。

 

次点 : 「動画収入」「創作品販売

この2つは、しっかりと収益化するまで大変なため、次点です。オリジナリティを出して、評価を得られるまで諦めず継続できれば、大きな額を稼ぐこともできます。

ただし「動画収入」に関しては、6秒動画で有名だった「Vine」がサービスを終了したり、「Youtube」では、広告を載せるのに「視聴者1万人」という最低基準を設ける方針が発表されるなど、かなり流動的なため、「長期間稼げる」かどうかは、予測が難しいかもしれません。

 

要検討:「金融投資

リスクの高さや、勉強が必要な点から、5番手となったものの、最近では「少額」「ローリスク」「自動化」が可能な、手軽なサービスも増えました。商品の見極めが非常に大事ですが、取り組んでみる価値はありそうです。

 

当ブログでは、「ブログ収入」「アフィリエイト」で、まず月10万を稼ぐ、現実的な方法を紹介しています。詳しくは、コチラ(↓)をどうぞ!

「ネットで月収10万を稼ぐメソッド」まとめ

2017.01.24

 

狐火兎
「ブログ収入」「アフィリエイト」は、やろうと思えば、いつでも誰でも始められるので、長期的・定量的に稼ぐ方法として、本当にオススメです。では、また♪

 

好きな生き方を選べるように

かつて社畜だった僕のように
いつか、会社を辞めて、自由に生きるために
まず、月10万をネットで稼ぐ「現実的な方法」を紹介します

ブロガー向き テーマ「STORK(ストーク)」

当ブログも使っている
WordPressテーマ「STORK」です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

社畜エンジニアから、2014年に独立、フリーランスに。 「お金のための仕事」が、嫌になりました。 「好きな生き方を選べるように」、ネットで稼ぐ方法をお届けします。 *デザイン・機械・創作物・食べること が好き