【注意】ブログ運営で、絶対やってはいけない2つの事

先日、当ブログも使っているテーマ「STORK」で、アップデートがありましたね!新しく「ボックス」ショートコードが追加されたので、早速更新した方も多いと思います。

ストークテーマをアップデートしました。(Version1.1.3) | OPENCAGE
ストークの親テーマをアップデートいたしました。「ボックス」ショートコードを新たに追加しました。 もくじアップデート内容新機能!「ボックスショートコード」を追加...

 

STORK」って?? という方は、まずコチラ(↓)をどうぞ!

ブロガーに大人気!話題のテーマ「STORK(ストーク)」を使う!

2016.12.21

 

テーマやプラグインの更新は、「WordPressの魅力」の1つであり、最新のものが利用できるのは、嬉しいですね。

しかし、そこに「意外な落とし穴」がある事も。

今回は、僕が頂いた、あるトラブル相談をもとに、ブログ運営で見落としがちな「やってはいけない2つの事」をご紹介します。

 

ブログ運営で、絶対やってはいけない2つの事

Kさんに起こった「トラブル」とは

今日、早速「STORK」の更新をしてみました。

すると急に、今まで使っていた設定が消えてしまいました。デザインが崩れてしまった部分もあり、どうしたらいいのでしょうか?

(↑)というメールが、僕の元に届きました(一部要約・Kさんのご了承も得ています)。

Kさん自身は、ブログ歴5カ月ほどの方で、自分なりのカスタマイズやコンテンツも充実してきて、「さぁ、これからもっと頑張るぞ!」という矢先の事だったそうです。

 

そのため今回のケースは、「ブログを始めたばかりの初心者」だけでなく、「ブログ運営に慣れてきた方」にこそ、起こりうるトラブルなので、ぜひ一読くださいね。

 

1.やってはいけない「親テーマ」の編集

結果として、今回Kさんに起きたトラブルの原因は、「親テーマ」に設定・編集してしまっていたことが原因でした。

以前、コチラ(↓)でご紹介したように、

「STORK(ストーク)」を、たった1時間で、おしゃれにカスタマイズ!

2016.12.27

WordPressのテーマには、「親テーマ」と「子テーマ」があります。

 

上の記事内でも書きましたが、「子テーマ」を使っていないと、このような事になります(↓)

  •  子テーマ無しに、親テーマの更新が入ると、またイチから設定し直す羽目に・・・
  •  子テーマがないと、バックアップでもない限り、二度と元に戻せないことも・・・

僕も、1度やらかしたんですが、「外観」→「カスタマイズ」で、色などを設定した後、親テーマになっていたことに気づき、慌てて、子テーマにしたら、設定が全部消えました・・・。(ご注意を!)

 

「子テーマ」が用意されていないテーマを、使っている方は・・・

STORK」のように、子テーマが配布されているテーマと違って、用意されていないテーマも多くあります。その時は、(↓)を参考に、自分で子テーマを作りましょう。

WordPress自作子テーマの作り方
ゴールデン・ウィーク期間中に、「6日連続企画」と題して、「厳選・オシャレなWordPress無料テーマ6選」を…

 

 

ただ、今回のKさんは「子テーマ」を、ちゃんと導入していました。にもかかわらず、設定が消えたり、デザインが崩れてしまったのには、以下の原因がありました。

 

原因1:うっかり、「親テーマ」ファイルを編集していた

Googleアドセンス「2次審査」について」記事内の、この画面のように(↓)

ブログを運営していると、「外観」→「テーマの編集」から、設定することが増えます。その際、右上の赤枠のように、「編集するテーマ」を選択します。

 

しかし、「スタイルシートstyle.css)」のように、「親テーマ」と「子テーマ」両方に存在するファイルは、うっかり「編集するテーマ」を間違ってしまうことも!

 

狐火兎
POINT

親テーマのファイル(特に「style.css」)を、編集してしまっていないか、改めて確認しよう!

 

さらに、Kさんの場合「うっかり」ではない事もありました。

 

原因2:軽い気持ちで、「親テーマ」ファイルを編集していた

STORK」の人気に伴って、ブログの「カスタマイズ」記事が非常に増えました。当ブログでも、「見出し」や「フォント」等を、コピペで変えられる記事を紹介しています。

しかし、中には

  •  今回は「親テーマ」の「●●●」というファイルを編集します
  •  「親テーマ」フォルダにある、「●●●」というファイルに、これをコピペするだけ!
  •  「編集するテーマ」に「stork(親テーマ名)」を選択(子テーマ名は、stork_customです)

といった、大変リスキーな情報を載せる、ブログもあります。

Kさんも、他ブログで見たそのカスタマイズ方法を使って、親テーマを編集してしまっていました。

 

狐火兎
POINT

親テーマのファイルは、絶対に編集しないように!

 

※「自分は、普段からcssphpの編集に慣れているから、大丈夫!」という方も、その「慣れ」が、うっかり「ミス」につながることも。専門的なエンジニアでも、最も多いトラブルは「意図しない人為的ミス」と言われます。親テーマは触らない、と決めておいた方が、安全です。

 

「親テーマ」にしかないファイルを、編集したい時は

子テーマで編集する方法があるので、コチラ(↓)を読んでね。

【必読】親テーマにしか存在しないファイルを、子テーマで編集する方法

2017.02.17

 

 

しかし、原因がわかったものの、Kさんにとって大変だったのは、この後です。

 

2.やってはいけない「なんとなくバックアップ」

実は、Kさん「BackWPup」というプラグインを入れて、バックアップ設定をしていました。しかし、いざ今回のようにトラブルが起きた時に、バックアップファイルは使えませんでした。

 

復旧のやり方がわからないまま、なんとなくバックアップしていた

以前、コチラ(↓)でも書きましたが、

「UpdraftPlus Backup」で、5分で簡単にデータ復旧できる、バックアップをとろう!

2017.04.10

バックアップは、自分で復旧できなければ、意味がありません。

 

特に「BackWPup」は、「バックアップを取る」手順を書いているブログは多い反面、「バックアップファイルから復旧・復元する」手順が、ほとんど案内されていません。バズ部さんのように、手順があっても、内容はかなり難しいです。

 

そもそも、一度壊れたものを、元に戻すのは、本来すごく難しいコトです。

僕が会社員で、大企業相手にエンジニアをやっていた頃も、「バックアップ手順」は、数ページのマニュアルでしたが、「リストア(復旧)手順」は、分厚い本のようなボリュームでした。

 

Kさんは、「バックアップ」ファイルがあるものの、それからどう「復旧」したらいいかを、知りませんでした。さらに、復旧に必要なデータが取れていないことに気づかず、なんとなくバックアップを取り続けていたこともわかり、結果、消えてしまった設定・デザインを、イチからやり直すことになりました。

 

狐火兎
POINT

  •  普段から、バックアップを取るのは大事
  •  でも、そのバックアップで、きちんと復旧できるか、確認しておくのも大事!

 

今のバックアップに、不安がある方は・・・

UpdraftPlus Backupプラグインが、オススメです(↓)

「UpdraftPlus Backup」で、5分で簡単にデータ復旧できる、バックアップをとろう!

2017.04.10

初心者の方でも、数分で、簡単にバックアップ・復旧ができますよ!

 

 

まとめ

ブログ運営で、やってはいけないコト

  1.  「親テーマ」のファイルは、絶対にいじらない
  2.  復旧方法がわからない「バックアップ」は、意味がない

今回の記事を書くにあたり、Kさんからは、「自分のように泣きを見る人が、少しでも減れば嬉しいです」と、おっしゃってくださいました。

 

ネットには「タメになる情報」が多くある一方で、「古い情報」「悪意のある情報」「悪意はないけど、正しくない情報」も、たくさんあります。

特に、ブログ運営に慣れてきて、「もっとカスタマイズしたい!」となってきた頃が、一番、「情報の見極め」が甘く、トラブルになりやすいです。

テーマの編集も、バックアップも、この機会に、自分のやり方を一度見直してみて下さいね。

 

コチラもおすすめです

【2017年9月最新】WordPress ブログを始めたら、導入すべきプラグイン 18選
【必読】ネットで稼ぐために、必要なスタンスと知識
「ネットで月収10万を稼ぐメソッド」まとめ

 

狐火兎
記事に追われていると、意外と見落としがちなポイントです。改めて、自分のブログについて見直す時間を作ってみてね。では、また♪

 

好きな生き方を選べるように

かつて社畜だった僕のように
いつか、会社を辞めて、自由に生きるために
まず、月10万をネットで稼ぐ「現実的な方法」を紹介します

ブロガー向き テーマ「STORK(ストーク)」

当ブログも使っている
WordPressテーマ「STORK」です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

社畜エンジニアから、2014年に独立、フリーランスに。 「お金のための仕事」が、嫌になりました。 「好きな生き方を選べるように」、ネットで稼ぐ方法をお届けします。 *デザイン・機械・創作物・食べること が好き