ブロガーに大人気! 話題のテーマ 「 STORK(ストーク)」 を使う!


スポンサーリンク

とある事情から、WordPress テーマ探しの旅を始めて、早2か月。。
いろーーんなサイトを渡り歩きました。

その中で、抜群にセンスが光っていたのが、こんな↓ こんな↓ ブログ様。
有名サイトなので、皆さんも一度は、見かけたことがあるかもしれません。

ブログマーケッター

ザ サイベース

 

何のテーマを使っているんだろ・・・?と思い、気になるブログの「テーマ」を調べる方法で、調べてみると、「STORK(ストーク)」というテーマでした。

 

STORK(ストーク)って?

デザイン性に優れたテーマを配信する「OPENCAGE」さんと、ブログマーケッター「JUNICHI」さんの、コラボテーマ。簡単に言うと、おしゃれ・モバイルファースト・ブロガーのためのテーマです!

「STORK」の特徴

  •  スマフォで読みやすい
  •  簡単におしゃれなデザインが使える
  •  広告のほか、CTAも設置可能!
  •  ウィジェット・SNSボタンなど、標準機能が充実
  •  ランディングページもある!
  •  スライドページもある!
  •  カスタマイズもできるよ!
  •  「とにかく書くことに集中できる」

ここから→デモサイトが見れるよ!

 

最初に気になった点は、圧倒的なオサレさでしたが、一番の決め手は「モバイルファースト」。
無料テーマを辞めて、僕が「STORK(ストーク)」を選んだ理由 にも書きましたが、モバイル端末への自動レスポンシブ対応は本当に嬉しい・・・!

また、このテーマのコンセプトは「とにかく書くことに集中できる」。
僕は、インストール後たった2時間で、実感しました。

その詳細は、後で話すとして・・・、まずは「STORK」の導入法を、ご紹介!

 

「STORK」の導入

まずは、コチラ(↓)の販売ページに、アクセス。

 

ちなみに、お値段は「税込 10,800円」。
決して、安い買い物ではありません。しかし、それだけの価値があるテーマです。

これまで無料テーマを使い続けてきた僕も、購入に踏み切りました。
詳しくは、無料テーマを辞めて、僕が「STORK(ストーク)」を選んだ理由を、見てみてね。

 

購入タイプは、「DVD」「ダウンロード」版の2つから、選べます。
すぐに始めたいので、「ダウンロード」版をポチっ

 

DL market」を初めて利用する場合は、会員登録が必要です。
面倒くさい方は、手持ちのアカウントで、簡単にログインできちゃいますよ。

 

支払い方法も、いろいろ選べて便利。
購入後、届くお知らせメール or マイページの注文履歴から、ダウンロードできます。

 

 DL market は、とっても便利!
購入だけでなく、販売もできるとな・・・! ブログで稼ぐに、もってこい!
この機会に登録しちゃいましょう~
プラグインや素材など、ブログ必須アイテムもたくさんあるよ。
DLmarket

 

・・・おや? アフィリエイト? ポチっ

 

「STORK」の設定

テーマを適用したばかりだと、こんな感じ。

 

「外観」→「カスタマイズ」から、ちょこっと変更すると・・・
あっという間に、様変わり!

 

コレ、たったの1時間です。スマフォ表示もバッチリ。もう記事書けちゃいます。
無料テーマの時は、ここまでのクオリティまで、1週間かかるよ・・・

とにかく 書くことに集中できる

そのすごさを実感しました。

 

「STORK(ストーク)」を、たった1時間で、おしゃれにカスタマイズ! も見てみてね。
(カスタマイズ前に! 忘れると後悔する「子テーマ」のインストール方法も、解説しています!)

「STORK(ストーク)」を、たった1時間で、おしゃれにカスタマイズ!

2016.12.27

 

ブログで稼ぎたい僕みたいな奴には、本当に出会えてよかったテーマでした。
興味ある方は、一度、検討してみてね。

 

狐火兎
使ってすぐ、スゴさを実感! 思い切って買ってみて良かったな~
では、また♪

 

好きな生き方を選べるように

2年前まで、社畜だった僕が、現在ネットビジネスで、気ままに暮らすまでに至った経緯や、その方法をまとめました。 「これからネットで、まず月収10万を稼ぎたい!」という方に向けて、現実的で、わかりやすい方法を解説します。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    社畜エンジニアから、2014年に、フリーライターへ転身。 たくさんの人を見てきて、「お金のための仕事」が、嫌になりました。 「好きな生き方を、選べるように」、ネットで稼ぐ方法をお届けします。 *WEBデザイン・アート・創作モノ・焼きそば が好き