【必読】親テーマにしか存在しないファイルを、子テーマで編集する方法


スポンサーリンク

以前、Google AdSense(グーグルアドセンス)に関する記事を、ご案内させて頂きました。

その中の1つ、「厳しくなった、Googleアドセンス「2次審査」:待ち時間・合否について」で、こんなご質問を頂きました。

コビトブログさんがこの記事で “またコードの編集は、慎重に。違ったファイルや親テーマを編集しないよう、気を付けてください。”と書かれているのですが、Storkの子テーマを導入しても、「header.php」などは表示されず、

・テーマのための関数
(functions.php)

・yarpp-template-relative.php

・スタイルシート
(style.css)

という3つの項目しか見当たらないのですが、
どのようにすれば「header.php」などを子テーマで編集できるようになるのでしょうか。

 

おそらく、コメントを下さった方が疑問に思われたのは、記事内のこのキャプチャ画像(↓)です。

 

僕の使用しているテーマ「STORK(ストーク)」の場合、右上で選択されている「stork_custom」は「子テーマ」です。にも関わらず、「header.php」ファイルが存在しています。

STORK」?「子テーマ」って?? という方は、まずコチラ(↓)をどうぞ!

ブロガーに大人気! 話題のテーマ 「 STORK(ストーク)」 を使う!

2016.12.21

 

その理由を含め、今回は、親テーマにしか存在しないファイルを「子テーマのファイル」として編集する方法を、ご紹介します。

 

親テーマにしかないファイルを、子テーマで編集する方法

もともと、子テーマにあるファイルは?

ご質問者様のおっしゃる通り、子テーマには本来、以下の3ファイルしかありません。

  •  テーマのための関数(functions.php)
  •  yarpp-template-relative.php
  •  スタイルシート(style.css)

つまり、子テーマには「header.php」ファイルは、無いはずなんです。

 

前述のアドセンスコードのように「header.php」に追記したくても、親テーマにしかファイルがないため、仕方なく親テーマのファイルをいじってしまった方も、いらっしゃるのではないでしょうか。「「STORK(ストーク)」を、たった1時間で、おしゃれにカスタマイズ!」でも書きましたが、親テーマを編集してしまうと、設定が消えてしまうおそれがある等、デメリットが大きいです。

 

そもそも、親テーマ・子テーマの関係性とは

 親テーマ・子テーマとは

  •  「親テーマ」: 基本のデザイン・機能を持つメインテーマ
  •  「子テーマ」: カスタマイズ専用のサブテーマ

このように書くと、「親テーマ」「子テーマ」には「それぞれ違った名前のファイルがある」ような気がしますが、実はそうではありません。例えば「style.css」は、「親テーマ」にも「子テーマ」にも存在します。

 

ブログページを表示する際、基本は「親テーマ」の設定を読み込み、その後「子テーマ」の設定を上書きして読み込みます。そのため、同じファイルがあっても、「子テーマ」側の設定が優先されるようになっているのです。こんな感じに(↓)

 

この関係性を利用して、「親テーマ」にしか存在しないファイルは、そのままコピーし、「子テーマ」側に複製することで、「編集用のファイル」にすることができちゃいます!

 

それでは、そのやり方をご紹介します。

 

子テーマ側に、親テーマのファイルを複製するやり方

1.「親テーマ」の、編集したいファイルをダウンロード

まずは「親テーマ」内にある、編集したいファイルをダウンロードします。ファイル転送のやり方については、コチラ(↓)の記事でご案内しているので、ご参照ください。

 

ファイル転送?FTP?という方は、コチラ(↓)>

プロなら絶対使わない、本当は怖い「FTP」 知らずに使っていませんか?

2017.02.08

しっかり安全にファイル転送をしたい!という方は、コチラ(↓)>

「FTP」まだ使ってる? プロが使う「SCP」通信で、安全にファイル転送しよう

2017.02.12

※僕は、しっかり安全にファイル転送できる「SCP」ツールを利用しています。本記事も、このツールによるキャプチャ画像の、ご案内になります。

 

ご自身のドメインフォルダから、ご使用の「親テーマ」フォルダにアクセスします。ストークをご利用の方は、「public_html」→「wp-content」→「themes」→「jstork」の順に、フォルダ階層を辿ってください。

 

例えば「header.php」ファイルを編集したい場合、このファイルを自分のPCにダウンロードします(任意の場所でOK)。

 

2.ダウンロードしたファイルを、「子テーマ」フォルダに、アップロード

次に、「子テーマ」フォルダにアクセスします。ストークをご利用の方は、「public_html」→「wp-content」→「themes」→「jstork_custom」の順に、フォルダ階層を辿ってください。

 

先ほどダウンロードした「header.php」ファイルを、アップロードします。

 

3.「テーマの編集」で確認

WordPressのダッシュボードから、「外観」→「テーマの編集」を押します。

 

右上で「子テーマ」を選択し、先ほどアップロードしたファイルが、表示されているのを確認してください。あとは、このファイルを選んで、好きに編集するだけです。

 

まとめ

  1.  親テーマにしか存在しないファイルは、子テーマに複製(コピペ)して使う
  2.  コピペは、ファイル転送ツールで、やり取りするだけ!

 

親テーマのファイルを編集することは、非常にリスクが高いので、なるべくこの方法を用いるようにしましょう。

ただ注意したいのは、「親テーマ」に更新があった場合

これは「子テーマ」を利用する際の、基本的な注意点と同じですが、「子テーマ」の設定が上書き適用されてしまう特性上、せっかく更新された内容が、反映されない場合があります。特に親テーマにしかないメインファイルを、子テーマ側に複製した場合は、ファイルを置き換える等、対応が必要です。

 

狐火兎
知らずに「親テーマ」ファイルを編集する前に、「子テーマ」への複製方法を覚えておきましょう!どのファイルにも使えるので、一度やってみると、便利ですよ~

好きな生き方を選べるように

2年前まで、社畜だった僕が、現在ネットビジネスで、気ままに暮らすまでに至った経緯や、その方法をまとめました。 「これからネットで、まず月収10万を稼ぎたい!」という方に向けて、現実的で、わかりやすい方法を解説します。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

社畜エンジニアから、2014年に、フリーライターへ転身。 たくさんの人を見てきて、「お金のための仕事」が、嫌になりました。 「好きな生き方を、選べるように」、ネットで稼ぐ方法をお届けします。 *WEBデザイン・アート・創作モノ・焼きそば が好き