「TinyMCE Advanced」で、見たまま・ラクに、記事を作れる!

記事を作る時、見出しや文字の強調など、「見た目の調整」は欠かせません。

しかし、いちいちタグを打っては、プレビューして・・・なんてやると、大変です。

そこで、見たまま・ラクに、記事を作れるプラグイン、「TinyMCE Advanced」の出番です!

 

TinyMCE Advanced

 

プラグインのインストール方法は、コチラ(↓)です。「有効化」を、忘れずに!

【初心者必見】WordPress プラグインをインストールしよう!

2017.01.06

 

必要な設定

1.エディター設定

有効化後、「設定」の中に項目ができます。
その中から、「TinyMCE Advanced」を押します。

 

使いたいパーツを、上部の領域にドラッグして、追加します。使わないパーツは逆に、下部の領域にドラッグして、収納します。

 

僕の場合

このように(↓)カスタマイズして、使っています。フォント関連左側にまとめて配置しつつ、よく使う項目一番下の列にまとめています。参考までに!

 

 

「段落タグの保持」にチェックを入れ、「変更を保存」を押します。

 

使い方

「投稿」から「新規追加」を押します。すると、先ほどのツールパレットが表示されます。

例えば、太文字にしたい場合は、太くしたい文字を選択した状態で、「B」を押すだけです。(↓)

 

画像を表示したい場合は、挿入したい場所にカーソルを置いて、「画像アイコン」を押して、挿入できます。(↓)

 

まとめ

一度使い始めると、このツールパレット無しでは、記事が作れなくなるほど、便利なプラグインです。見たまま作成できる方が、完成ページも意識して編集できるので、早めに慣れておくといいですね。

 

以上で、TinyMCE Advanced、設定完了です!

お疲れさまでした!

 

WordPressブログを始めたら、導入すべきプラグイン 18選 は、コチラ(↓)からどうぞ!

【2017年4月最新】WordPress ブログを始めたら、導入すべきプラグイン 18選

2017.01.11

 

コチラもおすすめです
「ネットで月収10万を稼ぐメソッド」まとめ
ネットで月10万を稼ぐ、7つの副業
【最重要】月10万を稼ぐための、3ステップ

 

狐火兎
たくさんの便利なボタンが用意されているので、いろいろと使ってみて、自分用のパレットを作ってみてくださいね。では、また♪

 

好きな生き方を選べるように

かつて社畜だった僕のように
いつか、会社を辞めて、自由に生きるために
まず、月10万をネットで稼ぐ「現実的な方法」を紹介します

ブロガー向き テーマ「STORK(ストーク)」

当ブログも使っている
WordPressテーマ「STORK」です。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    社畜エンジニアから、2014年に独立、フリーランスに。 「お金のための仕事」が、嫌になりました。 「好きな生き方を選べるように」、ネットで稼ぐ方法をお届けします。 *デザイン・機械・創作物・食べること が好き