アカウント停止になる前に! 必ずやっておくべき「アドセンス狩り」対策

【2017年版】アドセンス広告の効果的な設置法」で、より効果的な「広告ユニットの作成方法」「配置法」について、ご紹介しました。

広告を設置し、いよいよ収益!…と、喜ぶあなたを狙うのが「アドセンス狩り」という卑劣な行為です。

そのための対策など、広告設置後「必ずやっておくべき設定」ついて、解説します。

 

事前にコチラ(↓)もチェック
【2017年最新版】Google AdSense(グーグルアドセンス)登録の全手順(申請用ブログの作り方~申請・広告設置まで)
【2017年最新】アドセンス審査に受かるための、7ポイント

 

「アドセンス狩り」とは?

悪意をもった第三者が、アドセンス利用者を規約違反にさせ、広告を停止させる行為です。特に、アドセンスを始めたばかりの初心者を狙って、いたずら目的で行われることもあります。

その主な手法が、以下の3つです。

  1.  アドセンスコードの無断転載
  2.  ポリシー違反内容を含む、コメントなどの書込み行為
  3.  不正クリック

 

このような悪質な行為によっても、一度アドセンスアカウントが停止されてしまうと、復旧までに、大変な時間と労力が必要となります。最悪の場合、二度とアドセンスを利用できなくなる場合も。

そんなことになる前に、それぞれのケースについて、しっかりと対策をしましょう。

 

必ずやっておくべき「アドセンス狩り」対策

❶ アドセンスコードの無断転載

これは、あなたが広告設置に使ったコードを、第三者が不正に転載・利用するケースです。もともと、アドセンスコードは、複数ブログで使用できます。それを逆手に取り、あなたのコードを、ポリシー違反サイトに転載し、広告やアカウントの停止に追い込むのです。

こういった無断転載を防ぐには、「サイトの認証」を設定する必要があります。

 

1.アドセンスページにログイン

「Google AdSense ページ」にアクセスし、登録したアカウントでログインします。(コチラ(↓)のボタンからも、ページに飛べます)

 

2.サイトの認証

① 左メニューより「設定」から「自分のサイト」を選択
② 右上のアイコンを押し、「サイトの認証」を選択

 

所有権を確認したサイトだけに、広告コードの使用を許可する」ボタンを、オン緑表示)にして「保存」を押します。

 

これで、登録したサイト以外では、あなたのコードが利用できなくなります。アドセンス広告を貼るサイトは、すべて登録しておくことを、忘れずに。

 

❷ ポリシー違反内容を含む、コメントなどの書込み行為

これは、あなたのサイト内に、わざとポリシー違反内容を書き込み、広告やアカウントの停止に追い込むケースです。書込みを行った後、そのまま同じ人物が通報するといった悪質な場合もあります。

こういった書込みを防ぐためには、コメントを必ず「手動承認」にしておきましょう。設定方法は、「WordPress まずやっておくべき、初期設定」の「4.ディスカッション設定」に記載しています。

 

手動承認にすると、やっかいなのが、スパムコメントです。1つ1つ、手動でさばくのは大変なので、コチラ(↓)をどうぞ。

自動でスパム対策をするなら

Akismetプラグインが、オススメです(↓)

「Akismet」で、もう迷惑スパムは怖くない!

2017.01.12

 

また細かいですが、Twitterの新着メッセージを埋め込んでいるなど、違反コメントを書込みされる恐れがあるものは、なるべく設置しない方が良いでしょう。

 

❸ 不正クリック

これは、あなたが貼った広告に対し、短時間に何度もクリックするケースや、クリックだけして、すぐにページを離れるといったケースです。このような「不自然なクリック」は、禁止行為とされています。というのも、広告をクリックするだけで報酬が得られるため、集団でクリックをし合うような、一種の搾取行為を防ぐためです。

 

自分で、自分の広告をクリックするのもダメ

詳しくは「【注意】アドセンスのアカウント停止やペナルティ行為(具体例もご紹介)」で記載しますが、自分の広告をクリックすることも、不正クリックとみなされます。

「IPが違えば」「違う端末でやれば」バレないんじゃないか…と思っている方、絶対やめてください。そんなにGoogleの監視の目は、甘くないです。

 

では、こういった不正クリックを未然に防ぐ方法は、・・・残念ながら、ありません。しかし、専用の報告フォームがあります。コチラ(↓)のボタンから、アクセスできます。

 

「突然クリック数が異常に増えた」「PV数に対し収益が異常に多い」など、怪しいなと思ったら、すぐにこのフォームで報告しましょう。

 

サイト運営者ID」は、(↓)のように「設定」→「アカウント情報」から、確認できます。

 

フォームに書かれているように、問題がなければ、返信は来ません。もし不正クリックがあった場合は、この報告により、第三者によるものだという申告になり、アドセンスの停止を回避できます。

なので、違和感を覚えた際は、迷わず使うようにしましょう。

 

まとめ

今回ご紹介した「アドセンス狩り」対策は、以下の通りです。

  1.  サイトの認証をして、無断転載を防ぐ
  2.  コメントを手動承認にして、悪意のあるコメントを防ぐ
  3.  怪しい広告クリックを感じたら、すぐに報告する

 

現在はGoogleの取締りも厳しくなり、以前より件数は減っているようですが、自分のブログは、しっかり自分で守っていきましょう。

 

また、今後もアドセンスを利用する上で、「注意する事」があります。コチラ(↓)もよく読んで、最後のステップを完了させましょう。

【注意】アドセンスのアカウント停止やペナルティ行為(具体例もご紹介)

2017.02.04

 

コチラもおすすめです
ブログ収入(アドセンス)だけで、月10万を稼ぐ、その具体的な方法とは
【必読】ネットで稼ぐために、必要なスタンスと知識

 

狐火兎
アドセンスを始めるために必要なコトは、「【2017年最新版】Google AdSense(グーグルアドセンス)登録の全手順(申請用ブログの作り方~申請・広告設置まで)」にまとめています。是非参考にしてくださいね。

好きな生き方を選べるように

かつて社畜だった僕のように
いつか、会社を辞めて、自由に生きるために
まず、月10万をネットで稼ぐ「現実的な方法」を紹介します

ブロガー向き テーマ「STORK(ストーク)」

当ブログも使っている
WordPressテーマ「STORK」です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

社畜エンジニアから、2014年に独立、フリーランスに。 「お金のための仕事」が、嫌になりました。 「好きな生き方を選べるように」、ネットで稼ぐ方法をお届けします。 *デザイン・機械・創作物・食べること が好き